投稿日:

オンラインカジノでギャンブル依存症を避けながら遊ぶ方法

ギャンブル依存症というのは、日常的にギャンブルへの欲求が高まり、ほかのことに集中できなくなってしまう状態が続く症状のことです。
ギャンブルへの浪費でお金が底を突いても、ギャンブルへの欲求は止めることができず、あらゆる場所から借金を繰り返し。
完全に生活が破綻することも少なくありません。
最近は日本でもオンラインカジノが人気を集めていますが、ギャンブル依存症の点から見ると、ほかの公営ギャンブルやパチンコなどよりも悪影響が多いと言われています。

ここでは、オンラインカジノでギャンブル依存症を避けながら遊ぶ方法とは?と題して解説していくのでぜひ参考にしてください。
最近、オンラインカジノに熱中しすぎだという自覚のある方は、ぜひ一読してみてください。

入金にクレジットカードは使わない

入金にクレジットカードは使わない
オンラインカジノでは様々な入金手段が用意されていますが、ギャンブル依存症への対策を優先する場合は、クレジットカードの使用はやめたほうが無難です。
クレジットカードは限度額の範囲なら何度でも使うことが可能で、オンラインカジノにおいても繰り返し入金が可能となっています。

その結果、毎月の返済が膨らんでいき、さらにオンラインカジノで損失を取り戻そうとして借金をさらに広げるという悪循環に陥ってしまうのです。
このようにクレジットカードは、ギャンブル依存症を加速させる要素があるので、オンラインカジノへの入金は、残高分しか使えない銀行の口座などから行うようにしましょう。

また事前に入金を必要とするオンライン決済サービスも、お金の浪費を把握しやすいため、自制を利かせやすくなるのでおすすめです。

オンラインカジノの対策機能を活用

ギャンブル依存症は世界で拡大傾向にあり、オンラインカジノの運営もこれを問題視し様々な対策を講じています。
ギャンブル依存症が拡大すれば、オンラインカジノへの風当たりが強くなる可能性もあり、健全なギャンブル環境の醸成はオンラインカジノの運営にとっても必須の課題なのです。

一部のオンラインカジノでは、実際にギャンブル依存症対策を実装しており、利用者に使用することを呼び掛けています。
日本でも積極的なプロモーションを行っているベラジョンカジノは、ユーザー設定で「最大負け金額」や「ログイン時間」「自己規制有効期間」などのギャンブル依存症への対策機能があります。

これらは一度設定してしまうと、有効期間が終了するまで変更は不可能となり、強制的に自己抑制を継続することが可能です。
ギャンブル依存症を自己認識している方は、ぜひ活用してみましょう。
オンラインカジノの対策機能を活用

損切りと勝ち逃げのマイルールを決める

ギャンブルで重要なのが、勝つときがあれば負けるときもあるということを常に理解し、冷静に損切りと勝ち逃げのタイミングを見極めるということです。
オンラインカジノでも同様で、時間を気にせずに遊べるだけに、公営ギャンブルやパチンコなどよりも、損切りと勝ち逃げの見極めはより重要となります。

もし損切りと勝ち逃げのタイミングを逃すと、際限なく投資を続けてしまい、回復できないような大きな敗北を喫してしまう恐れもあります。

そしてこの損失をギャンブルで取り戻そうとすることこそが、ギャンブル依存症の原因にも繋がるのです。
損切りと勝ち逃げのタイミングは、「200ドルプラスで勝ち逃げする」「100ドル負けたら損切り」という感じでマイルールを決めるのがベストです。

オンラインカジノに集中し過ぎない

オンラインカジノに集中し過ぎない
最もギャンブル依存症対策に効果的なのは、オンラインカジノに集中し過ぎず、ほかにも適度に趣味を持つということです。
あまりにオンラインカジノばかりで遊んでしまうと、それが習慣化してしまい義務感のような感じで、あまり楽しさを感じないにも関わらず、ギャンブルばかりを繰り返してしまうのです。

このような状況を見直すためにも、一旦ギャンブルから離れる時間を作ることが重要となります。
何か家から出てオンラインカジノに触れることが出来ないような、屋外スポーツなどが最適ですが、友人と会う機会を増やすのもいいかもしれません。

しかし、気分転換にパチンコなどのほかのギャンブルをするのは最悪の選択なので絶対にやめましょう。
できるだけお金のかからない、オンラインカジノ以外の別の趣味を作って、ギャンブルから距離を置く時間を作ることが最も大切です。

まとめ

オンラインカジノでギャンブル依存症を避けながら遊ぶ方法とは?と題して解説してきましたが、参考になったでしょうか?
家に居ながら本格的なカジノの臨場感を楽しめるオンラインカジノですが、のめり込み過ぎはギャンブル依存症になる可能性があり危険です。

もし危ないと思ったら、オンラインカジノのギャンブル依存症対策機能を活用して、オンラインカジノから少し距離を置くようにしましょう。
また損切り勝ち逃げのタイミングのマイルールを決め、適度にオンラインカジノ以外の趣味を持つこともギャンブル依存症対策になります。
健全に楽しくオンラインカジノでギャンブルを楽しむためには、適度な距離感が重要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です